こんにちは、篠原輝一です。

先日フランスの優勝で幕を閉じたロシアW杯。 僕も仲間と一緒にポーランド戦、そして決勝トーナメントにも残ったので、ベルギー戦も現地観戦してきました。
試合はもちろんめちゃくちゃ盛り上がりましたし、特にベルギー戦では90分で「嬉しいという感情」と「悔しいという感情」が何度も訪れ、これまでにない感覚に陥りました。

きっと日本でテレビを通して見ているとやはり現地の臨場感は半減しますし、なにより解説者のフィルターを通すので、どうしても彼らの感情に視聴者は流されますし、直接的な感情が湧きにくいだろうなと。その点現地観戦は、選手のみんなと一緒に嬉しさや悔しさを一番近くで共有できるということが何より貴重な経験なんだなと改めて感じました。

プレーをしているはたった11名ですが、現地にいた全員が心を1つにして勝利のために向かう感じは何物にも代えがたい思い出です。

さて、今日はそんなロシアW杯で試合の様子はたくさんテレビなどでも放送されてたかと思うので、現地観戦組が試合以外でどんな生活を送っていたのかなど旅の様子を写真でお届けしたいなと思います。

とにかくロシア人を中心に他国サポーターとの写真撮影会

ファンフェスタが最高に楽しい

ワールドカップでは、開催都市にファンフェスタというパブリックビューイングができるスペースが特設されていて、毎試合ここで放映され地元の人々を始め世界中のサポーターで賑わっていました。

夜になると、ダンス・ミュージックと共にいろんな国のサポートと一緒になって盛り上がります!

絶品ロシア料理に大興奮!!!

ロシア料理といえば、何を思い浮かべますか?

ボルシチ(写真上)やビーフストロガノフ(写真下)はその中でも世界的に有名。元々ロシア料理が美味しいイメージはなかったのですが、どこで何を食べても日本人の舌に合う安定感のあるものばかりでした。

ユニークなマトリョーシカの数々

街なかのお土産屋ですら、ゴージャスでちょっぴりおしゃれな所が多い。

ぜひ一度ロシアを訪れてみてください


今回ワールドカップがあるということでロシアに初めて行きましたが、これまでのイメージから180度変わりました。

まず、ロシア人はみんな親切で、英語を話せない人も多いですが、そんなの大した問題ではないと思えるほど良い人ばかりでした。(ノリが良すぎて、ウォッカを飲ませてくる奴多めなのは…ですがw)

僕自身絶対いつの日にはまた行きたい旅先の1つになりましたし、現地に行くことで気付かされることが多いなあと改めて感じたので、皆さんもぜひ一度騙されたと思ってロシアを旅行してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー : BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です